登山・山歩き・ハイキングのススメ - For your best hike from Japan.-

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

2014.12.6 信貴山 天候:晴/曇

 今日は一段と寒い一日でしたが、信貴山に登ってきました。
 何度か登っている信貴山もいろいろルートがありますが、今日は近鉄恩智駅から歩いてみました。
 過去に恩智越は下りで利用したことがありますが、今回は恩智神社まで登り、恩智神社から恩智越を道なりに進んだところにある、高安山への分岐を登ってみました。初めてのコースです。
<恩智越途中の休憩所>
恩智越途中の休憩所

<ここから恩智越えを外れ、高安山方面へ>
ここから恩智越を外れ、高安山方面へ
ここ以外にも恩智越途中に高安山へ行く道もあった様に記憶しています。この道も明瞭ですが、結構登りがきつめです。
途中に展望台がありました。

<展望台と眺望>
この道の途中に展望台ありました。
この道を登り切った所は信貴山公園墓地内です。墓地内を抜けた道の途中に展望所がありました。

<展望所と眺望>
公園墓地の道中にある展望所 展望所からの眺め
公園墓地を抜けると西信貴ケーブル高安山駅の近くに出てきます。

<墓地を抜けたところ>
墓地を抜けたところ

<高安山駅近くにある展望休憩所と眺望>
展望休憩所 高安山駅近くの展望所眺望

<高安山駅>
西信貴ケーブル・高安山駅
駅の横にあるハイキングコース(生駒縦走路)を進みます。しばらく行くと開運橋があります。この橋の下は激下りの大道ハイキングコースです。この道は信貴山口駅近辺まで下りることができますが、今回はスルー。

<開運橋1>
開運橋1
開運橋を渡り縦走路を進むと高安山気象レーダーがあり、その近くに高安山三角点がある道があります。

<ここを登ると高安山三角点にいけます。展望はありません。>
ここを登ると高安山三角点です。
ここは今日は登らずそのまま縦走路を進むと信貴山方面への分岐点がありますますので、道なりにしばらく進みます。途中で道路を横断しますが、また山道が続きます。

<分岐点と途中の道路横断地点>
ここから信貴山方面を目指します。 道路を渡る
しばらく進むと高安城倉庫址の案内板があります。今回は立ち寄ってみました。

<高安城倉庫址>
高安城倉庫址方面へ 高安城倉庫址 高安城倉庫址の奥は景色が良い
しばらくなだらかな下りの山道を歩いて行くと弁天滝方面への分岐がありましたので、今回は弁天滝方面に行ってみました。途中で変な分岐路があり間違った様で、弁天滝は上からしか見ることができませんでした。変な道を抜けると、立ち入り禁止の表示がある場所に出てきましたが、朝護孫子寺の入口近くに出てこれました。

<分岐点>
今日はココから弁天滝方面から遠回り
朝護孫子寺内に入りさっそく千手院に立ち寄り、金運招福の1億円札と銭亀のお守りセットを頂きました。このセットを銭亀禅神様の祭壇にある石臼に財布と共に置き石臼を右に3回回しながら「南無銭亀善神」を唱えます。

<千手院の寅の胎内へ>
千手院の寅の胎内へ

<一億円札と銭亀のお守り>
一億円札 銭亀のお守り
世界の多くの方も幸せになりますように・・・

千手院の次は空鉢護法堂へ登ってきました。

<空鉢護法堂>
空鉢護法堂へ登る 空鉢護法堂からの眺望 空鉢護法堂には沢山の龍神が祭られています
空鉢護法堂を下りてしばらく朝護孫子寺の張り子の寅のある側の入口へ出ました。

<朝護孫子寺内>
朝護孫子寺内の休憩ベンチ 小寅 大寅

<開運橋2>
開運橋2

<仁王門とお地蔵さん>
信貴山仁王門 沢山のお地蔵さん
仁王門をあとにして、信貴山下方面へ移動。途中の公園で昼食を摂り、ケーブル跡地を下ります。

<ケーブル跡地入口>
ここからケーブル跡地の下りです

<下りの道>
ケーブル跡地を下る

<下ってきた道を見上げる>
下ってきた道を見上げる

<延々同じような傾斜を下る>
延々同じような傾斜で下る

<千本桜並木道という名前なんですね>
千本桜並木道という名称なんですね

<ここに出てきます>
ここに出てきます。
ここからは舗装道路の激下りが信貴山下駅まで続きます。

<道路を延々下る>
道路に出ても駅まで下りです 結構長い

<やっと信貴山下駅に到着>
信貴山下駅にあるモニュメント
寒かったですが、歩いているとそれなりに熱を発しますので歩く時は寒くても1枚脱いで丁度いい感じです。
今回は初めての道を通った所もあり、有意義な一日でした。









  ↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.10.19 秋のダイトレ2014に参加してきました。

 本日10月19日は、生駒縦走と秋のダイトレが同じ日に開催されており、どちらかに参加しようと考えていましたが、とりあえず、ダイトレに参加。行ければ30km完走しようと意気込んでいましたが、出足が遅くなり、受付してスタートしたのが結局8:30・・・案の定20km完走で終了しました。
 20kmといえども、ダイトレ侮れません。正直めちゃくちゃ疲れました。まずスタート地点が葛城市役所 當麻庁舎の駐車場・・・ここから登山口までが結構遠い・・・アスファルト道が苦手な人はここで結構足が疲れるのでは・・・トレッキングシューズだとアスファルト歩きが結構つらい感じなので。その点トレランの方々は靴が軽くて軽快に歩いてました。

<スタート地点>
スタート地点

<当麻寺門>
当麻寺
 
<當麻山口神社>
當麻山口神社

<烏谷口古墳>
烏谷口古墳

 アスファルトが終わると激登りで二上山・馬の背へ。この辺までは最初の疲労が出てくる感じでした。岩屋から竹ノ内峠、平石峠とアップダウンを繰り返しながらすすんで、平石峠からはダイトレの難所と言われている岩橋山への鬼階段が・・やはりここが一番こたえました。

<祐泉寺>
祐泉寺

<二上山源流水>
二上山源流水

<竹ノ内峠石碑>
竹ノ内峠石碑

<ダイトレプレート平石峠>
ダイトレプレート平石峠

 岩橋山を越え岩橋峠を過ぎるとしばらくは心地よい林道歩きで少し癒されますが、残り2kmくらいからまた激階段がはじまります。あと少しで山頂という最後の一息ですが、疲労した足に何度も襲いかかる激階段は鬼かと思います。最後の激鬼階段をクリアし、葛城山頂のチェックポイントに到着した時は、やっと終わったと思いました。・・・まだまだ私の体力では30kmコースは無理ですね。

<ダイトレプレート岩橋山>
ダイトレプレート岩橋山

<持尾辻>
持尾辻 杉を見上げる

<葛城山上>
葛城山上1 葛城山上2 葛城山上3

少し休憩したのちロープウエーで下山。下山後バス待ち1時間でした・・・観光の人も結構多かったのでバス待ちの人が数珠つなぎになってました。

また機会があれば参加したいと思います。 ↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.5.17

 毎年恒例の大和葛城山つつじ見物ラッシュ。今年は去年より人が多かった様な気がします。
 当然、普通に櫛羅の滝コースとか北尾根コースから登ると人が多いのがわかっていたので、超マイナーな、岩橋山歩道から、岩橋峠をめざし、岩橋峠からダイトレで葛城山頂へ登りました。

<近鉄磐城駅からまずは竹内街道を目指す>
DSC_2892.jpg
ここから右にしばらく進むと県道30に合流。県道を横断して左折し、しばらく進むと兵家交差点があり、そこを越えてすぐのななめに入る道をほぼ道なりに上がっていくと平林古墳があります。

<平林古墳>
DSC_2897.jpg
 古墳から道なりにいくと貯水池の所に出て、南阪奈道路にぶつかります。ぶつかった先を左に少し行くと、阪奈道路を跨ぐ跨道橋があるので渡り、そのまま直進でコンクリート舗装道をひたすら登っていくと、わかりにくい分岐(下記)があります。

<わかりにくい分岐>
DSC_2900.jpg
ここは良く見ると道標がありますが、錆びて文字も消えかけています。ここは左に行くと岩橋峠方面です。
しばらくは山道でもコンクリート舗装されていますが、途中からは普通の荒れた山道です。数か所に板が腐りかけた橋があります。(鉄骨で補強はされていますので踏み外さなければ大丈夫な感じでした。)

<所々にある橋>
DSC_2904.jpg

しばらく道なりにどんどん高度を上げていく感じで登っていくと、岩橋峠でダイトレに合流します。ダイトレは岩橋山を越えたところなので、ここから葛城山は結構近いです。・・鬼階段はありますが・・

<鬼階段>
DSC_2906.jpg
ダイトレは標識も多く道も明瞭なので、道なりに行けば葛城山頂に到着します。

<山頂風景>
DSC_2921.jpg DSC_2918.jpg
DSC_2917.jpg DSC_2914.jpg

 萎れかけのものもありましたが、つぼみのものもありましたので、もう少しは見頃かも知れません。金剛山の緑も綺麗に映えていました。
 今回は車も異常に多く、下山時(15時半くらい)でも、道路が下まで混雑していました。ロープウェイは2時間待ちと書いてありましたが、15時半の時点で車で登ってきている人は一体何時に登るつもりなのか・・・。櫛羅コースとか北尾根コースを歩いて登ると軽く2時間超えると思います。(下山も2時間くらいかかります。)
 
以上


PR


↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.2.26 生駒山(枚岡~高安山) 晴/曇(PM2.5)

 PM2.5が心配されましたが、生駒山に登ってきました。今回は生駒山頂へは行かずに枚岡神社から神津嶽コースよりぼくらの広場を経由し、生駒縦走路で高安山駅まで歩きました。
 予想通りPM2.5でぼくらの広場からの眺望は真っ白でイマイチでした。また、縦走路は残雪とぬかるみで歩きにくい個所が結構ありました。靴もドロドロです。残雪で靴の泥を落しながら歩いていました。もう少し距離を歩くつもりでしたが、高安山付近の獣道散策とか高安山三角点を見に行ったりしているうちに時間が過ぎてしまったので諦めて西信貴ケーブルで下山しました。

<枚岡梅林・・・まだ5分咲くらい?>
DSC_2465.jpg DSC_2466.jpg

<枚岡展望台・・・PM2.5影響で白いですがここはまだ良いです。>
DSC_2470.jpg DSC_2472.jpg

<神津嶽コース途中の休憩場所>
DSC_2477.jpg

<この辺一帯でよく見た赤い実>
DSC_2479.jpg

<ぼくらの広場・・・PM2.5で眺めが白い。早く中国も規制しないとダメですね。>
DSC_2483.jpg

<縦走路は雪がそこそこ残っています>
DSC_2490.jpg

<鐘の鳴る展望台・・・登らずスルー・・・>
DSC_2496.jpg

<白木蓮の木・・・まだ蕾です。春はまだまだですね。>
DSC_2499.jpg

<十三塚・十三峠>
DSC_2500.jpg DSC_2503.jpg

<高安山方面の分岐点>
DSC_2504.jpg

<でかい木が根こそぎ倒れてました>
DSC_2505.jpg

<スカイラインをくぐるところも雪が溶けていません>
DSC_2507.jpg

<新興宗教?の横を過ぎると信貴山からの合流地点に>
DSC_2510.jpg

<高安山三角点はここから登ります>
DSC_2511.jpg

<高安山三角点>
DSC_2513.jpg

<高安山気象レーダー観測所>
DSC_2514.jpg

PR

↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
生駒縦走 私市駅~生駒山 2013.12.30

2013年ラストハイクということで比較的歩きやすい生駒縦走路を歩きました。天気は良かったですが、山頂は冷たい風が強かったです。生駒縦走路は、急激な登りは少ないため、山歩き初心者の方にはオススメです。
今回は私市駅から若干縦走路は外している個所はありますが、ほとんど生駒縦走路を歩いて生駒山頂まで歩いています。約18km程度のコースでしたが、結構膝にはこたえました。

私市駅 星のいわふね

ほしだ園地入口 展望所より星のブランコ方面

園地内道標 飯盛霊園

ひだまりの丘へ立ち寄る 道標

ビオトープ田原の里山ゲート 堂尾池

バイオトイレ 道標

室池園地内へ 権現川ハイキングコースへの分岐点

阪奈道路を横切る歩道橋付近 ゴルフ場の横を通る道へ

くさか園地方面へ 信貴生駒スカイラインのゲート付近

宮川谷ハイキングコースへの分岐点 辻子谷ハイキングコースへの分岐点

生駒山頂方面へ 生駒山上遊園地前

生駒山上遊園地は休業中ですが中に入れます 遊園地内からの眺望

生駒山三角点

PR

↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

大普賢岳周回 May 08, 2017
西谷の森公園~丸山湿原 Apr 22, 2017
龍門山 Apr 22, 2017
七種山・七種槍 Apr 04, 2017
摩耶山(谷上駅~森林植物園~掬星台~王子公園駅) Mar 25, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入