甲斐駒ケ岳 - 関西以外の山

甲斐駒ケ岳

2017/7/15,16 甲斐駒ケ岳に行ってきました。

南アルプスの貴公子と呼ばれる名峰・甲斐駒ケ岳。はじめての南アルプスです。
7月15日朝6時から車を飛ばして仙流荘の駐車場に到着したのが朝10時半頃、予測はしていましたが、11時10分には北沢峠行の臨時バスが出てくれたので早めに北沢峠へ到着できました。テント泊なので、長衛小屋のテント場まで10分ほど歩いてようやくテント場に到着。・・・3連休初日なので、結構なテント数で、良い場所が見つかりませんでしたが、まだ何とか張れるスペースが残っていました。

<テント場>
テント場

<長衛小屋>
長衛小屋

15日は1時間ほど栗沢山方面へ散策して、テントに戻りました。

7月16日早朝5時くらいから甲斐駒ケ岳を目指します。
序盤は緩やかな登山道です。
序盤の登山道
仙水小屋に到着。ここでもテント張れるのですね。今度はここにしようかな。
仙水小屋
しばらく樹林帯を少しづつ高度を上げながら進むと視界が開けてきます。
石楠花と岩と苔 甲斐駒っぽくなってきた 石楠花

仙水峠に到着
仙水峠
ここ仙水峠からは栗沢山方面と甲斐駒ケ岳方面の分岐があります。ちなみに宇多田ヒカルは栗沢山方面を歩いたそうです。
仙水峠から甲斐駒ケ岳方面は急な登りが始まる地点です。
序盤は樹林帯の急登
ここからは急登
樹林帯を抜けてくると景色が良くなり、アルプスの山々が見えてきます。

鳳凰三山・オベリスクが見えます
鳳凰三山・オベリスクも見える

富士山も見えてきました。(ズーム撮影してます)
富士山も見えてきた

国内2位の標高を誇る南アルプスの主峰北岳と国内3位の間ノ岳も見えます。
北岳・間ノ岳も見える

高度があがるにつれ景色が良くなります。・・・写真じゃ伝わらないのですよね・・・気になる方は実際に登ってください。
遠くに富士山と雲海

帰りはあちら方面の稜線より下りる

駒津峰に到着
駒津峰

ここからの直登ルートは本格的な岩場の登りになります。一番楽しいかも知れません。
駒津峰から甲斐駒 鋸岳 いい山ですね 直登ルートでようやく八合目 岩登りは楽しい山頂方面 もう少しで山頂かな? 登ってきた稜線 直登ではない一般道が見える もう少しで山頂か

甲斐駒ケ岳山頂到着
甲斐駒ケ岳山頂到着 祠が有ります 少しガスって来ましたが最高の景色 八ヶ岳も見える この日山頂は人が多かったです

帰りは一般道にて駒津峰へ
下山は一般ルートより駒津峰を目指す

登りで撮影していなかった直登と一般ルートの分岐点・・・気づかずに直登に登られる方もチラホラ
ここが直登と一般道の分岐点

六方石
六方石

双児山方面から下山しました。
双児山方面から下りました。 双児山以降は樹林帯の退屈な下りでした。

はじめて甲斐駒ケ岳行きましたが、やはり名峰ですね。また行きたくなる魅力的な山でした。

<歩いたルート>

Comments 0

Leave a reply