芦屋地獄谷・A懸垂岩・B懸垂岩跡・ピラーロック・万物相・横池

2017.6.3 芦屋地獄谷・A懸垂岩・B懸垂岩跡・ピラーロック・万物相・横池

6月に入り、夏の陽気も感じられる時期に入りました。低山はそろそろ休止期間かなぁと思いつつも体力づくりは続ける必要はあるので、無理のない程度の低山山行を行うつもりです。今回は6月最初の土日ですが、少し暑さは一段落という所ということで、久しぶりに芦屋地獄谷・AB懸垂岩ルートに行ってきました。今回は5名での山行なので、十分足場を注意しながら地獄谷の小滝13箇所を越えて行きました。

いつものここから 今日は芦屋地獄谷へ 今日はこのルート大人気

 水量は普通な感じでそれほど困難な感じではありませんでした。ほぼ迂回することなく小滝を越えられたと思います。12箇所目の小便滝からルートは別の沢筋に変わります。ここからしばらく沢を登っていくと、開けた場所に出ます。そこがA懸垂岩前です。
クライミング講習やってました A懸垂岩表面にはいっぱい足掛穴があいてる

 A懸垂前を直進して左手の岩場を登るとA懸垂岩の上に上がれます。しばしA懸垂岩上部で景色を堪能して、A懸垂岩前まで戻って、次はB懸垂岩方面へ。
ここは露出した花崗岩の山域 景色も良いです これから進むルート
歩いてきたところA懸垂岩方面 街と自然のコラボ 徐々に高度上がっています。
景色もさらに良くなってくる かなり高くなりました

 B懸垂岩跡は登りも下りも少し険しい感じ。巻道もあるので上る必要はありませんが、今回は登ってみました。険しいので写真撮る余裕なかったですが、無事通過。通過後しばらく行くとピラーロックがあります。ピラーロックを抜けると万物相です。万物相でこの風化した岩場は終わります。
ピラーロック 万物相 万物相より
万物相より2

万物相を抜けると普通の登山道の趣に変わり、しばらく行くと風吹岩に出ます。今回は風吹岩はパスして、横池に直行。横池で昼食タイム・・今回、予想外に横池の睡蓮がきれいに咲いていました。良かったです。
横池の睡蓮 全体だとこんな感じ 紅一点の睡蓮です。他のは全部白い
睡蓮のアップ 横池を周回して

横池を周回して出た所から穴場的なビューポイントを経由して八幡谷で下山。今回は4時間程度の短時間山行ではありましたが、色々楽しめた山行になったと思います。これから暑くなると六甲はキツイのでこのくらいの超ショートコースで十分かもしれません(・。・;
穴場のビューポイントへ

<歩いたルート>

Comments 0

Leave a reply