愛宕山

2017.1.14 雪の愛宕山
 山コム企画に参加して、雪の愛宕山へ行ってきました。
 ほとんど雪上山行したことがないので、体力的なものとか技術的なものとか大丈夫かなと思いながらの山行です。
 京都駅からJR嵯峨野線で保津峡駅まで行く車中、どんどん雪が降ってきているのが見えてました。こりゃ雪積もってるなぁと思いながら保津峡駅に到着。保津峡駅近辺はまだそれほど雪は積もっておらず、これから本格化する気配。保津峡駅より舗装道・清滝川沿いのハイキング道を歩いて清滝へ・・・ここまででもそれなりの距離がありますが、ほとんど起伏のない道です。清滝から進入禁止とされている廃線ルートへ入り、ひたすら地味な登りの続く道をトンネルをくぐったり、迂回したりして登り続けます・・途中に踊り場的な平坦な場所がないので、かなり疲れます(・。・;特にトンネルが崩壊して中を通れない2つのトンネルは迂回しなければならないので、それが結構急なので、少し危険でもあり足にこたえます。合計6このトンネルを越えると、廃墟と化した駅舎がひっそりと佇んでいます。かなり朽ちてきていますが、今でも駅舎の形はわかる感じで、地下と1F、2F、屋上とフロアへも行けるようになっていますが、危ないので自己責任でお願いします。
 古い駅舎を過ぎて参道に合流すると、長い階段道が続きます。これも地味ながら最後の方の登りなので結構こたえますね。山頂付近はそれなりに雪も積もっていましたが、前日までは積もっていなかったそうです。半日たらずで結構な雪が降ったということですね。帰りは月輪寺を経由するルートで下山。途中で空也滝を見学して、嵯峨嵐山駅まで歩きました。寒かったですが色々楽しめる山行でした。

<歩いたルート>


<写真>
雪ですね 廃線ルート途中のトンネル 廃線の駅舎 駅舎の屋上より 階段を上がる・・・ 霧氷・・雪が乗ってるだけ? 月輪寺

Comments 0

Leave a reply