大和葛城山 テント泊

author photo

ByFreedomJapanese

4/30,5/1 大和葛城山・テント泊

 大和葛城山へ初めてのテント泊チャレンジです。かなりお手軽ですが・・・(^-^;

【1日目】
 廃番特価で買ったザック 50LグレゴリーContour50にテント泊装備を詰め込み、家を出る時のザック重量が約11kg・・・今までの日帰りのザック重量では最高に重くても7kg程度でしたが、今回はさらに重い・・・まず駅までこのザックを背負っての自転車が大乗かなと・・・以外に自転車は大丈夫でした(´▽`) ホッ。そのあとはこのでかいザックで電車に乗り込みます。極力邪魔にならない角ににザックを置いて・・・GWの影響かそこそこ乗ってきました。何とか最初の電車はクリア。その後は比較的空いている電車だったので、余裕でした。近鉄御所駅でテント泊用食事を買い、葛城ロープウェイ駅行きバスにて登山口へ。ここからが山道がはじまります。
 テント泊なので時間は余裕があったのでゆっくりゆっくり登って、2時間半くらいで山頂へ。やっぱり11kg+食事1kg?くらいを担いでの山登りはやはりハードですね。足はまだ大丈夫な感じでしたが、ザックセッティングが悪かったのか、肩の方に負担が大きかった気がします。山頂に到着した時は少し安堵しました。
<山頂付近>
ツツジはまだつぼみ状態でした。しかしながらたくさんの方が山頂にいました。
葛城山山頂
ドウダンツツジは綺麗に咲いていました。
馬酔木じゃないよドウダンツツジです

<白樺食堂でテント泊の支払受付を済まし、テントの張れる板の上にテントを設営>
 当日は10張り程度、テント泊の方々がいました。他にもツェルト泊や野宿的な方もいたような・・
テント設営完了 今日は10張りはありましたね

<サンセット>
サンセット2 サンセット3 サンセット4 サンセット5

<夜景>
夜景
テント場は薄暗い
テント場

【2日目】
 朝早くから鳥の声で目覚める・・この時期は、まだ日の出を迎えていない5時くらいでも、もう薄明るいのですね。鳥は明るくなると元気に鳴き出します。しばし山頂へ日の出鑑賞・・・かなり寒かったです。
サンライズ1 サンライズ4 サンライズ5
日の出後に金剛山方面を撮影。その後寒いのでテントに戻って少しシュラフで休憩し朝食後、テント撤収し下山。
日の出後の金剛山
・・・下山は早いです。1時間半くらいで下山完了。GW、最高の天気ということで、登ってくる人が多かったです。
下山後、ロープウェイ駅近くのかわいいお花

【テント泊装備抜粋】
・テント ダンロップVS10
・シュラフ ナンガUDD380 ・・・ 今回はこれでちょうどよい感じでした。
・マット ニーモ ORA20R ・・・ 間違ってレギュラー180cmを買ってしまったやつです。やっぱり長すぎる。
・トレッキングポール ブラックダイヤモンドウルトラマウンテンFLZ ・・・ 重いザックでの登りでは使いました。
・その他 ・・・ 防寒着、クッカー類、ヘッ電、LEDランタン、着替え、食事、携帯充電池、コンパクトデジカメ他小物類
持って行こうか迷ってやめたもの ・・・ エアー式ピロー、サンダル(50Lではうまくパッキングできなかったのでやめました)
Share

Comments 0

Leave a reply