初心者のテント泊装備-シュラフ編

シュラフも迷いの種です。色々見ましたが、どうも下記の3社が圧倒的に多いみたいです。
・モンベル
・イスカ
・ナンガ
この3社で人気が分かれるようです。ここでまず迷う・・・
・・・で冬用ならどれがいいの?とか3シーズンならどれがいいの?・・・という話が出てくるわけです。

結局、冬しかテント泊行かないよという人は少ないので、初めてなら3シーズン用を買っとけとなるみたいです。

3シーズン用で絞ると、暖かさの具合で下記のどちらかをまた、迷います。

<限界が0℃付近な感じ>
・モンベル ダウンハガー800 #3 リミット温度-2℃ 575g/ダウン量不明 800FP
・イスカ エア 280X 最低使用温度2℃ 550g/ダウン量280g 800FP
・ナンガ UDD BAG 380DX リミット温度-2℃ 680g/ダウン量380g 770FP

<限界が-4℃>
・ナンガ UDD BAG 450DX リミット温度-4℃ 825g/ダウン量450g 770FP

<限界が-6℃>
・モンベル ダウンハガー800 #2 リミット温度-6℃ 735g/ダウン量不明 800FP
・イスカ エア 450X 最低使用温度-6℃ 840g/ダウン量450g 800FP

これ見ると、ナンガの450DXはモンベルダウンハガー800とイスカエアの間なのでなんとなく惹かれる。
でも冬用はまた買うかも知れんしな~と考えると、春と夏メインで考えても良いのかなと・・・思い、限界が0℃付近のものから結果選ぶことにしました。

そうなるとあとはメーカー3社の三つ巴です。モンベルは表記よりも寒いとの評判が見られたので、イスカとナンガに絞られました。
イスカはつくりも良く人気があるみたいなので最後までイスカにしようかと思いましたが、ダウン量280gだとなんか寒そうな気がして、躊躇。色んな方のブログなど見てたら、今のナンガのシュラフはかなりイスカを意識して改良されているみたいで、イスカと遜色がないくらいまで良くなっているとの見解も見られたため、ナンガのシュラフに傾きました。他にもTAKEMOという元イスカの方が立ち上げた会社のブランドのシュラフが安くてイスカとほとんど同じみたいな情報も得られ、そちらにも心が動かされました。
結局、ナンガのシュラフは洗濯機で洗えるよとか永久保証ですよとかいう甘い誘いに負け、UDD380DXに決定。一度室内で広げて入ってみましたが快適でした。他のはどうかわかりませんが、それなりに納得はしています。

◎モンベル 1121291・ダウンハガー800 #3

◎モンベル 1121291・ダウンハガー800 #3
価格:29,700円(税込、送料込)

◎モンベル 1121290・ダウンハガー800 #2

◎モンベル 1121290・ダウンハガー800 #2
価格:34,560円(税込、送料込)



Comments 0

Leave a reply