登山・山歩き・ハイキングのススメ - For your best hike from Japan.-

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

気になるテントがアライテントから今年でました。
その名は「オニドーム」です。
以前からアライテントのドマドームはかなり気になっていましたが、どうしても重量と室内の狭さで選択肢から外れてしまい、結果ダンロップのVS10を買ってしまったわけです。VS10を買ってから後に、オニドームが新発売されたわけですが、これは使えるテントだなと思いました。ドマドームの悪い点が解消されている気がします。重量も軽量で室内もなんとか広めに確保されながらも土間がちゃんと確保されている。これは流行りそうな予感です。

以下仕様など紹介。
オニドーム1 オニドーム2

オニドーム 1  1人用
定価\43,000(税抜本体価格) ・・・ 高めですが、ドマドームよりも安い。

重 量 1290g(本体+フレーム+フライシート) ・・・ 軽量です。
サイズ 設営時:間口148(最大230)×奥行122(就寝部82)×高さ97cm 絶妙なサイズ(^-^;
     収納時:本体30×13φcm
オニドーム3

カラー 本体:クリーム
     フライ:オレンジ
     シート:グレー
素 材 本体:28dnリップストップナイロン
     フライ:30dnリップストップナイロンPUコーティング
     シート:40dnナイロンタフタPUコーティング
フレーム:NSL9フェザーライト(DAC社製)

http://www.arai-tent.co.jp/lineup/tent/oni.html

これから購入される方は参考にしてください。 ↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
3シーズンシュラフはナンガのUDD380を購入してしまいましたが、どうしても気になるシュラフがありました。
それが、Takemoです。ネット情報によると、元イスカの方が独立されて立ち上げられたブランドみたいです。
なので、シュラフはイスカそっくり。でも値段がめちゃ安い。

参考までに・・・
<スリーピングバッグ5>
サイズ 内周囲 肩回り 158cm  全長 205cm  足元回り 104cm 
重量  930g
表地 裏地 ポリエステル100%
中綿 ホワイトダックダウン ダウン90% フェザー10% 500g  750FP
構造 ボックス構造  シングルドラフトチューブ&ネックチューブ
収納サイズ φ18cmX34cm
参考使用温度 最低使用温度 マイナス6℃
¥28,000-
Takemo5

<スリーピングバッグ3>
サイズ 内周囲 肩回り 158cm  全長 205cm  足元回り 104cm 
重量  700g
表地 裏地 ポリエステル100%
中綿 ホワイトダックダウン ダウン90% フェザー10% 300g  750FP
構造 ボックス構造  シングルドラフトチューブ&ネックチューブ
収納サイズ φ15cmX28cm
参考使用温度 最低使用温度 2℃
\22,000-
Takemo3


・・・見た感じイスカと遜色ない仕様です。まだブランドを立ち上げたばかりの様なので今後に期待です。良い意味で業界の革命が欲しいですね。

TakemoのHP
http://www.k-takemo.com/
↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2016/4/16 赤坂山

 JR湖西線マキノ駅よりコミュニティバスでマキノ高原温泉さらさまで行き、そこから寒風-粟柄峠-赤坂山-明王の禿-赤坂山-粟柄峠-マキノ温泉さらさのルートでハイキング。天気が良かったので山頂付近の眺望は最高でした。色々な花も見ることができるので今の時期お勧めです。ただ、山頂付近の稜線は風が強かったです。中央分水嶺でもあるため、琵琶湖も日本海も望めます。白山もちょっとですが見えました。

<マキノ駅前>
マキノ駅前

<スタート地点・マキノ高原温泉さらさ>
さらさ

<イワウチワ>
イワウチワ

<寒風付近>・・・寒風だけに風が強く寒かったです。
寒風近辺の眺望
寒風 寒風眺望

<福井方面の分岐>・・・福井県美浜町からも登れるみたいです。約13km(^-^;
福井県美浜方面の分岐点

<赤坂山山頂>
福井方面
赤坂山山頂福井方面日本海が見えます。
滋賀方面
赤坂山山頂琵琶湖方面伊吹山見えます。

<赤坂山山頂から明王の禿までピストンしました>
風化した岩肌
風化が進む岩場
明王の禿
明王の禿
途中にイワウチワの群生
イワウチワ群生

<下山は粟柄峠より、行きとは別のルートでマキノスキー場方面へ>
途中タムシバが見られました。
タムシバみたいです。コブシに酷似

<さらさに戻る>
さらさに戻る
さらさ付近に綺麗な八重桜ありました。
さらさに八重桜咲いてました。

<歩いたルート>
↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2016.4.9 鷹尾山(城山)・荒地山・東お多福山

 テント泊を始めようと思い数か月前に購入したダンロップVS10テントを一度も設営していなかったので、お試しテント設営を行いました。場所は気軽に行ける六甲でも六甲は人が多いので、ひっそり設営できそうな場所・・・ということで東お多福山付近の広い場所を選定。ついでに歩いたことのない城山から荒地山のルートで登ってみました。
 
・城山付近はツツジが多く今の時期はツツジが綺麗に咲いています。
ツツジ

・途中眺望が良いところも数か所あります。
途中の眺望

・名物 岩梯子と七右衛門嵓 ・・・今日はハイカー多かったです。
<岩梯子>
岩梯子
<七右衛門嵓>
七右衛門嵓 七右衛門嵓をくぐったところ

・荒地山・・眺望もなし。休憩ハイカーが多かったのでスルー
荒地山

・東お多福山近辺でお試しテント設営
 ダンロップVS10です。楽々設営の評判は本当でした。初めてでも迷わず完了。オレンジと青の組み合わせの色合いはあまり好みではありませんが(^-^;・・・まぁ楽な設営という甘い誘惑に負けてVS10を選択しました。
<グラウンドシートの上にインナーテントを乗せ四隅を一緒にペグダウン>
四隅をペグで固定
・・・グラウンドシートとインナーテントの一体感がないのが残念。微妙に一緒に打ちにくい。

<ポールをスリーブに差し込んでインナーテントを吊り下げる>
 ポールをスリーブにテント吊り下げ
・・・ポールはショックコードで連結されてるので勝手につながって行ってくれる感じです。ちょっと焦るなと言いたくなるくらいです。
ポールへのインナーテント吊り下げはおそろしく簡単です。

<フライをペグ固定する>
フライをペグダウン固定
・・・フライは少し風に煽られると飛ばされます。これは風が強いときは大変そうだなと感じました。ペグ打ちは初めてなのでテキトーです。後で調べましたが、コードに対して90度になる角度で打てばよい様です。そこら辺の石で打ちましたが地盤がそれほど固くなかったので簡単に刺さりました。短辺にもペグループありましたね。

<テント内部>
内部
荷物をばらしていたので天井のみの写真です。

<撤収前の状態>
メッシュは便利ですね
・・・メッシュ状態で中に入ってくつろいでいましたが虫が入って来ないので快適でした。通気口側を風上にしましたが正解?よくわかっていません。

<感想>
テントに最初からついてる黄色いコードはなんか頼りない感じでした。自在で簡単に調整できるのは良いですが、滑りが良すぎるような感じですがこれが正解なのかどうか不安。やり方が悪いのかも知れませんが・・・ペグを抜いた時の土の汚れ落とし方法は考えておいた方がよさそうです。思いのほか簡単に設営できたので良かったです。本番テント泊が楽しみです。・・・ロープワークは少し勉強しておく必要がありますね。


 

↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

大普賢岳周回 May 08, 2017
西谷の森公園~丸山湿原 Apr 22, 2017
龍門山 Apr 22, 2017
七種山・七種槍 Apr 04, 2017
摩耶山(谷上駅~森林植物園~掬星台~王子公園駅) Mar 25, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入