登山・山歩き・ハイキングのススメ - For your best hike from Japan.-

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

2014.10.19 秋のダイトレ2014に参加してきました。

 本日10月19日は、生駒縦走と秋のダイトレが同じ日に開催されており、どちらかに参加しようと考えていましたが、とりあえず、ダイトレに参加。行ければ30km完走しようと意気込んでいましたが、出足が遅くなり、受付してスタートしたのが結局8:30・・・案の定20km完走で終了しました。
 20kmといえども、ダイトレ侮れません。正直めちゃくちゃ疲れました。まずスタート地点が葛城市役所 當麻庁舎の駐車場・・・ここから登山口までが結構遠い・・・アスファルト道が苦手な人はここで結構足が疲れるのでは・・・トレッキングシューズだとアスファルト歩きが結構つらい感じなので。その点トレランの方々は靴が軽くて軽快に歩いてました。

<スタート地点>
スタート地点

<当麻寺門>
当麻寺
 
<當麻山口神社>
當麻山口神社

<烏谷口古墳>
烏谷口古墳

 アスファルトが終わると激登りで二上山・馬の背へ。この辺までは最初の疲労が出てくる感じでした。岩屋から竹ノ内峠、平石峠とアップダウンを繰り返しながらすすんで、平石峠からはダイトレの難所と言われている岩橋山への鬼階段が・・やはりここが一番こたえました。

<祐泉寺>
祐泉寺

<二上山源流水>
二上山源流水

<竹ノ内峠石碑>
竹ノ内峠石碑

<ダイトレプレート平石峠>
ダイトレプレート平石峠

 岩橋山を越え岩橋峠を過ぎるとしばらくは心地よい林道歩きで少し癒されますが、残り2kmくらいからまた激階段がはじまります。あと少しで山頂という最後の一息ですが、疲労した足に何度も襲いかかる激階段は鬼かと思います。最後の激鬼階段をクリアし、葛城山頂のチェックポイントに到着した時は、やっと終わったと思いました。・・・まだまだ私の体力では30kmコースは無理ですね。

<ダイトレプレート岩橋山>
ダイトレプレート岩橋山

<持尾辻>
持尾辻 杉を見上げる

<葛城山上>
葛城山上1 葛城山上2 葛城山上3

少し休憩したのちロープウエーで下山。下山後バス待ち1時間でした・・・観光の人も結構多かったのでバス待ちの人が数珠つなぎになってました。

また機会があれば参加したいと思います。 ↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.10.4 蓬莱峡・屏風岩・座頭谷

 阪急宝塚駅より、蓬莱峡経由・有馬方面行きのバスで、座頭谷BSで下車。
 座頭谷BSから少しバス通りを戻ると屏風岩へ行ける入口があります。(私有地?)

<屏風岩へ>
屏風岩 入口?
モアイ的な・・・ 狛犬的な・・・
モアイ的・・・狛犬的・・・オブジェ?

ここから道なりに進むとブルートレイン見えますが、その直前に屏風岩へ行く道標があります。そこを下りてすぐに屏風岩の広場があります。
<ブルートレイン>
ブルートレイン

<道標>
道標

<屏風岩>
屏風岩1 屏風岩2 屏風岩3

屏風岩から別のルートもあるみたいですが、危険そうで迷いそうなので、戻って、知るべ岩BS付近の座頭谷コースへ向かいました。

<蛇いました>
蛇いました

<知るべ岩BS付近にあるこの橋を渡る>
これが万里の長城的な・・・

<橋を渡るとここに出る>
ここわかりにくいです
ここを下りてしばらく川沿いの道を歩くと、座頭谷の道標があるのでその方向へ進みます。しばらくすると堰提があり、棚越の道標方向に進んで、階段で堰提を越えます。

<座頭谷道標>
座頭谷へ

<堰提>
堰提

<堰提を越え座頭谷らしい道へ>
堰提を登る 棚越の道標

<座頭谷>
座頭谷1 棚越手前付近
棚越道標 座頭谷2
座頭谷3 座頭谷4 座頭谷5
ここで行き止まり
ここで行き止まりになりますが、マーキングがあり、ここから少し戻って右側へ下りていくと同じような谷が続きますので谷をそのまま進むと途中で山へ登る道の道標がありますのでそこを登ります。ここから急登がはじまります。
ここから一転急登の山道へ

道なりに進んでいくとハニー農場(敷地内?)へ出ます。(今日は閉まっていました)
ハニー農場

ハニー農場の道路の反対側をよくみると登山口らしき道がありますのでそこを進みます。しばらくすると道標があるので、間違っていないことを確信できます。
縦走路へ向かう DSC_3379.jpg
DSC_3380.jpg DSC_3381.jpg

<縦走路はここまで>
DSC_3384.jpg
ここから縦走路を離れて、車に注意しながら車道をしばらく歩きます。

<途中でみつけたあけび>
あけび

<途中の樫が峰へ向かう登山口>
樫が峰へ向かう道
今日はここには行きません。

<大藪谷へ>
大藪谷方面 ここから大藪谷へ
大藪谷では今日は誰にも合いませんでした。一人だと少し心細いですね。地味に登りが長い道ですが、道は明瞭です。
途中で六甲最高峰方面と奥池方面の分岐がありますが、今日は奥池に行きました。奥池で少し遅い昼食を摂り、奥池バス停に向かいましたが、バスが目の前で行ってしまいましたので、東おたふく山登山口バス停まで、高級住宅街を歩いて行きました。バスで阪急芦屋川駅まで下りて今日は終了。今日は縦走路以外ではあまり人に会いませんでした。座頭谷も一人で歩いていると寂しい感じの所でしたね。山の中より開けているので開放感はありますが・・。

<奥池のベンチより>
奥池 ↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

芦屋地獄谷・A懸垂岩・B懸垂岩跡・ピラーロック・万物相・横池 Jun 04, 2017
稲村ヶ岳・大日山テント泊 Jun 04, 2017
大普賢岳周回 May 08, 2017
西谷の森公園~丸山湿原 Apr 22, 2017
龍門山 Apr 22, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入