登山・山歩き・ハイキングのススメ - For your best hike from Japan.-

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

2014.5.31
 まだ5月だというのに日中30℃越え・・・暑すぎます(-_-;)

 日頃の運動不足解消と避暑のために比叡山に登ってきました。
 修学院駅→雲母坂にて大比叡・延暦寺参拝→坂本方面に本坂コースで下山するコースでした。

<雲母坂登山口付近と雲母坂>
DSC_2923.jpg DSC_2924.jpg
DSC_2925.jpg DSC_2928.jpg
DSC_2931.jpg

 歩くとやっぱり汗だらだらでした。でも山を登る途中には心地よい涼しい風が吹き抜ける個所が多く、何度も休憩しながら登りました。約2時間程度で比叡山ロープウェイ山頂駅付近までのぼれますが、雲母坂はひたすら登りが続く感じだったので、休憩しながらでないと登れませんでした。汗も結構出たので山頂までにアクエリアス1L程度は飲み干したと思います。大比叡に向かう途中の駐車場のところの自販機で下り用のお茶を1L仕入れました。(山頂は高い・・)
また、今日は駐車場のところの眺めが悪く真っ白で何も見えませんでした。黄砂の影響?

<スキー場跡地>
DSC_2936.jpg

大比叡の場所は事前にネットで調べていましたのですぐにわかりました。少人数なら座って食事ができるスペースはありましたのでそこで少し昼食休憩して、延暦寺へ向かいました。

<大比叡>
DSC_2942.jpg

 大比叡からそのまま延暦寺へ向かう道を少し間違えましたが、なんとか延暦寺へ到着。延暦寺は観光客が結構いました。拝観料550円払ったので堂々と拝観させて頂きました。

<延暦寺>
DSC_2946.jpg DSC_2954.jpg
DSC_2947.jpg DSC_2953.jpg
DSC_2951.jpg DSC_2955.jpg
DSC_2957.jpg DSC_2963.jpg

延暦寺はエリアが離れているので全部みるには時間がかかりすぎるので、ある程度でやめて坂本方面に下山しました。下山路は、石がごろごろしており、道も荒れていて少し歩きにくいです。傾斜はそれほど急ではないと思います。

<下山路以降>
DSC_2965.jpg DSC_2967.jpg
DSC_2969.jpg DSC_2975.jpg
DSC_2977.jpg

比叡山はヤマレコではあまり情報がありませんが、登りごたえはあると思います。拝観料の問題で避けられているのかな?



↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.5.17

 毎年恒例の大和葛城山つつじ見物ラッシュ。今年は去年より人が多かった様な気がします。
 当然、普通に櫛羅の滝コースとか北尾根コースから登ると人が多いのがわかっていたので、超マイナーな、岩橋山歩道から、岩橋峠をめざし、岩橋峠からダイトレで葛城山頂へ登りました。

<近鉄磐城駅からまずは竹内街道を目指す>
DSC_2892.jpg
ここから右にしばらく進むと県道30に合流。県道を横断して左折し、しばらく進むと兵家交差点があり、そこを越えてすぐのななめに入る道をほぼ道なりに上がっていくと平林古墳があります。

<平林古墳>
DSC_2897.jpg
 古墳から道なりにいくと貯水池の所に出て、南阪奈道路にぶつかります。ぶつかった先を左に少し行くと、阪奈道路を跨ぐ跨道橋があるので渡り、そのまま直進でコンクリート舗装道をひたすら登っていくと、わかりにくい分岐(下記)があります。

<わかりにくい分岐>
DSC_2900.jpg
ここは良く見ると道標がありますが、錆びて文字も消えかけています。ここは左に行くと岩橋峠方面です。
しばらくは山道でもコンクリート舗装されていますが、途中からは普通の荒れた山道です。数か所に板が腐りかけた橋があります。(鉄骨で補強はされていますので踏み外さなければ大丈夫な感じでした。)

<所々にある橋>
DSC_2904.jpg

しばらく道なりにどんどん高度を上げていく感じで登っていくと、岩橋峠でダイトレに合流します。ダイトレは岩橋山を越えたところなので、ここから葛城山は結構近いです。・・鬼階段はありますが・・

<鬼階段>
DSC_2906.jpg
ダイトレは標識も多く道も明瞭なので、道なりに行けば葛城山頂に到着します。

<山頂風景>
DSC_2921.jpg DSC_2918.jpg
DSC_2917.jpg DSC_2914.jpg

 萎れかけのものもありましたが、つぼみのものもありましたので、もう少しは見頃かも知れません。金剛山の緑も綺麗に映えていました。
 今回は車も異常に多く、下山時(15時半くらい)でも、道路が下まで混雑していました。ロープウェイは2時間待ちと書いてありましたが、15時半の時点で車で登ってきている人は一体何時に登るつもりなのか・・・。櫛羅コースとか北尾根コースを歩いて登ると軽く2時間超えると思います。(下山も2時間くらいかかります。)
 
以上


PR


↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.5.11 中之島バラ園

 バラの時期ということで大阪・中之島のバラ園に行ってみました。
 バラ最盛期ですね。一番きれいな時期だったと思います。当日は多くの人で賑わっていました。
 バラもいろいろありますがどのバラもきれいに咲いていたと思います。人間もこのバラと同じようにそれぞれを敬い、大切にし、助け合って生きていければ、みんなきれいに咲いていられるのではないかと思います。

<バラ園の写真です>
DSC_2844.jpg DSC_2849.jpg DSC_2855.jpg

DSC_2859.jpg DSC_2861.jpg DSC_2865.jpg

DSC_2869.jpg DSC_2867.jpg DSC_2880.jpg

DSC_2884.jpg DSC_2889.jpg


 まだ5月ですが、もう日中は夏日ですね。最近は真夏の猛暑日とかで暑さに耐性ができたのか、夏日くらいではそれほど暑いと感じなくなってきました・・・
 今年の夏は冷夏と言われていますが、果たしてどうなりますでしょうか。

PR




以上 ↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2014.5.3 芦屋地獄谷 天候:晴

阪急 芦屋川駅から六甲山・ロックガーデン方面に向かい、ロックガーデンへ向かう途中から芦屋地獄谷コースへ。
芦屋地獄谷コースは、谷を遡行するルートで、いくつかある滝を直登しながら沢登りしていく中級者以上向けのコースです。一般のハイキングコースとは異なるので、道は整備されていないし、道標もありません。初心者にはオススメできないコースなのでご注意を。

・滝の茶屋
滝の茶屋

・芦屋地獄谷取付付近
芦屋地獄谷取付

・地獄谷の滝(抜粋)
滝 滝

滝 滝 滝

・小便滝
DSC_2721.jpg

・風吹岩のイノシシ
DSC_2725.jpg


<感想>
 やはり地獄谷という名前だけあって、結構きつかったです。手足を駆使して登りますので、翌日手足が筋肉痛で痛かったです。沢登りは水が流れていて自然に癒されますが、疲れます。今回は登山靴でしたが、滑りにくい沢靴なら快適なコースでしょうね。


PR

↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

芦屋地獄谷・A懸垂岩・B懸垂岩跡・ピラーロック・万物相・横池 Jun 04, 2017
稲村ヶ岳・大日山テント泊 Jun 04, 2017
大普賢岳周回 May 08, 2017
西谷の森公園~丸山湿原 Apr 22, 2017
龍門山 Apr 22, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入