登山・山歩き・ハイキングのススメ - For your best hike from Japan.-

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

大和葛城山 2013.5.18(晴)

つつじ満開とのことで、大和葛城山へ・・
どのルートで行こうかと迷いましたが、時期が時期なので登りルートは少し離れた二上神社口からふたかみパーク當麻経由でダイトレルートを行くことにしました。今回は歩き始めから左足底に違和感があり、途中で弱気になってどこまで行けるか心配になりながらの山行となりました。ダイトレルート・・・やっぱりつらいです。まず岩屋までは勢いでいけますが、その後は竹ノ内峠やら、平石峠のアップダウンがあり、岩橋山の登りの階段に悩まされ、また葛城山への登りの階段に苦しめられる展開・・左足も限界に近付きつつありましたが、最後は気力で葛城山へ登りました。山頂では異常なまでの人・・・ソフトクリーム食べて、水分補給したあと、つつじ鑑賞し、ロープウェイで帰ろうかと思いましたが、2時間待ち・・・仕方なく櫛羅の滝コースで下山しました。下山後のバスも待ち行列でしたが、臨時便が出ており、意外にすんなり乗れてしまいました。この時期の葛城山は異常ですね。

道の駅ふたかみぱーく當麻
道の駅ふたかみぱーく當麻


二上山方面への道標1
二上山方面への道標1


二上山方面への道標2
二上山方面への道標2


池沿いに進む
池沿いに進む


烏谷口古墳
烏谷口古墳


近畿自然歩道案内板
近畿自然歩道案内板


二上山雄岳・岩屋方面道標
二上山雄岳・岩屋方面道標


祐泉寺
祐泉寺


登山道
登山道


途中の水場
途中の水場


竹ノ内峠方面へ
竹ノ内峠方面へ


竹ノ内街道を横断したところ
竹ノ内街道を横断したところ


街道横の石碑
街道横の石碑


平石峠方面へ
平石峠方面へ


竹内山三角点
竹内山三角点


道標
道標


葛城山まで6.1km地点の休憩ポイント
葛城山まで6.1km地点の休憩ポイント


ダイトレ岩橋山プレート
ダイトレ岩橋山プレート


道標
道標


ダイトレ持尾辻プレート
ダイトレ持尾辻プレート


葛城山まであと3.5km・・・
葛城山まであと3.5km・・・


北尾根コース分岐点
北尾根コース分岐点


葛城山頂付近
葛城山頂付近


葛城山頂眺望
葛城山頂眺望


山頂付近も人が多かったです
山頂付近も人が多かったです


つつじが満開
つつじが満開


つつじと金剛山
つつじと金剛山


つつじきれいでした。
つつじきれいでした。




↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
樫ヶ峰 2013.05.05 晴

 GWも終わりに近づき、どこか軽く歩けるところを模索していると、東六甲方面に樫ヶ峰という山がありました。調べてみると、マイナーなハイキング道ではあるが、展望が良い山だとのこと。さっそくヤマレコで行かれた方のルートを参考にしながらルートを決め、山歩きを決行。
 樫ヶ峰への取付は、逆瀬川駅からエデンの園行き[104]か宝塚西高校前経由逆瀬台センター行き[102]のバスに乗り、宝塚西高校前で下車して、目の前の公園(ゆずり葉台緑地)の対岸の道を登って最初のカーブ手前の所にあります。(地図などで事前に確認しておかないと分かりにくいです。)登山道はそこそこ整備されており、道標も至る所に配置されています。自然が感じられる山で、今の時期は、陽の当たるところにはクマバチがブンブンと飛んでいました。おとなしいハチなのですが、デカいので少しビビりながら邪魔しないように歩いて行きました。展望の開けた個所が何か所かあります。樫ヶ峰山頂付近は展望はありませんが、木陰で心地よい風が流れており、ゆっくりできる空間のように感じました。下りルートはは小笠峠方面に下りそこから、一旦車道を歩いて途中から大藪谷の道へ入り奥池まで歩きました。大藪谷の道もマイナールートなのかほとんど人とすれ違いませんでした。大藪谷の道は地味に登りが続くので予想以上に疲れました。奥池の池の傍のベンチで昼食をとりましたが、木陰になっていたので心地よい風が吹いて良い雰囲気でした。すぐ横の遊びの広場は大勢の家族連れでワイワイガヤガヤ騒がしかったですが、この木陰空間は別世界の様に感じました。
 昼食後、東お多福山まで足を延ばそうとも思いましたが、時間の都合で、東お多福山登山口バス停まで、豪邸を見学しながら歩いて終了しました。短い時間の山行でしたが、心地よい時間が満喫できたと思います。

ゆずり葉緑地
ゆずり葉緑地


登山口
登山口


整備された道
整備された道


鉄塔
鉄塔


道標
道標


甲山が見えます。
甲山が見えます。


阪急?
阪急?


樫ヶ峰山頂
樫ヶ峰山頂


この手作りプレートが至る所に有
この手作りプレートが至る所に有


馬の背展望。樫ヶ峰山頂と甲山
馬の背展望。樫ヶ峰山頂と甲山


馬の背岩展望台表示
馬の背岩展望台表示


プチ鎖場
プチ鎖場


小笠峰山頂
小笠峰山頂

小笠峠手前の車道に下りてきた所
小笠峠手前の車道に下りてきた所


大藪谷の道へ入るところ
大藪谷の道へ入るところ


少し休憩できそうな場所
少し休憩できそうな場所


ケルン?大きい方のケルン側に進みました
ケルン?大きい方のケルン側に進みました


奥池
奥池


奥池遊びの広場
奥池遊びの広場


東お多福山登山口バス停へ
東お多福山登山口バス停へ
↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
天王山・ポンポン山 2013.4.29

以前から気になっていたポンポン山に行ってみました。ポンポン山だけだとさみしいので、JR山崎駅より天王山を登ってから、釈迦岳経由でポンポン山に行くコースを計画しました。
天王山は低い山なので正直簡単に登れてしまいます。このコース天王山を下りてからがきついことが判明。天王山を下りてからは少し地道を歩きますが、舗装道路をひたすら柳谷観音・ベニーCC(ゴルフ場)と進むことになります。トレッキングシューズだと歩きにくいのが難点。舗装路を超え山道に入ると今度は熊出没注意の警告があり、少しびびりながら歩いていると急登りが続きます。釈迦岳あたりまでくるとハイカーも多くなってくるので、ポンポン山が近くなってきたことが感じられます。ポンポン山山頂は多くのハイカーが休憩していました。手作りの丸太のベンチやテーブルがところ狭しと配置されているので助かります。山頂は開けているので展望はあります。
下山は高槻(神峰山寺)方面に下山。そこそこ距離がありました。本山寺以降くらいから延々と続く舗装道路が弱った脚に響きました。行きで利用すべきところかもしれません。

天王山登山口
天王山登山口

宝積寺
宝積寺

十七烈士の墓
十七烈士の墓

酒解神社
酒解神社

天王山山頂
天王山山頂

柳谷観音
柳谷観音

釈迦岳山頂
釈迦岳山頂

ポンポン山山頂
ポンポン山山頂

本山寺
本山寺

↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

芦屋地獄谷・A懸垂岩・B懸垂岩跡・ピラーロック・万物相・横池 Jun 04, 2017
稲村ヶ岳・大日山テント泊 Jun 04, 2017
大普賢岳周回 May 08, 2017
西谷の森公園~丸山湿原 Apr 22, 2017
龍門山 Apr 22, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入