登山・山歩き・ハイキングのススメ

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

2017/10/21 木曽駒ヶ岳・宝剣岳に日帰りで行ってきました。

 木曽駒ヶ岳は昨年テント泊で行きましたが、宝剣岳には登らなかったので、今回は宝剣岳にもチャレンジしました。
 台風接近中ということもあり、直前まで行くべきかどうか迷いましたが、てんきとくらすの予報では午前中まではなんとか雨も降らない感じだったので決行しました。結果的には、午後からは少し雨も降りましたが、それほど天気も崩れない感じで良かったと思います。

<写真>
ロープウエー千畳敷駅
ロープウェー千畳敷駅到着

ホテル千畳敷付近・遊歩道付近
千畳敷カール 剣ケ池より 雲海とアルプスの山々 序盤 記念撮影スポット ホテル千畳敷方向

千畳敷カール登山道から乗越浄土まで
つづら折りに登っていきます 高度が上がるに連れて絶景を堪能できます オットセイ岩・・近くで見るとかなりデカイです 乗越浄土が見えてきた 乗越浄土到着

乗越浄土から宝剣山荘・宝剣岳往復
次は宝剣岳に登ります ガスがでたり、晴れたり ホシガラス・・啄いてるのはハイマツの実かな? ここは山頂じゃないけど立ち入り禁止になってたワイルドな岩場 良い岩ですね 徐々に岩岩に クサリも設置されてます 危険なところも 宝剣山荘から結構登ってきました 吸い込まれそうな谷 もっと晴れてると素晴らしい稜線が見えますね ここが宝剣岳の山頂です 山頂に登ります・・・ちょっと危険 ここまで登るのは少し勇気が必要かも 宝剣岳を降ります

宝剣山荘~中岳~木曽駒ヶ岳
中岳山頂に到着 木曽駒山頂に到着 木曽駒ヶ嶽神社 頂上木曽小屋・・営業中でした 頂上木曽小屋より 木曽駒ヶ岳を下りて中岳方面へ 中岳登り途中より木曽駒頂上山荘・テント場を振り返る 千畳敷カールを下りロープウェー駅に戻ります

 木曽駒ヶ岳はロープウェーで一気に2600mまで登れるので、気軽にアルプスを堪能できるところです。乗越浄土まではハイキングで登られる方も多いようですが、稜線なので天候の変化には注意が必要です。ここまで登れば晴れていたら絶景が見られます。
今回は宝剣岳のてっぺんにも登ってきました。宝剣岳は岩山で少し危険な岩場を通過する必要があります。クサリが丁寧に設置されていますので、それほど難しい感じはありませんが、高所恐怖症方はダメかも知れません。
 乗越浄土から木曽駒ヶ岳へは中岳を越えていく必要があり、ある程度登山経験がないと体力的にきついと思う場面もあるかも知れません。高山なので、呼吸も整えずあまり無理して登ると高山病になりやすいので無理は禁物ですね。

いずれにしても良い山ですね。今度はロープウェーを使わず別のルートも挑戦してみたいです。

↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2017/10/8~9 はじめての八ヶ岳(赤岳鉱泉でテント泊)

 はじめての八ヶ岳です。今回は赤岳鉱泉でテント泊して、八ヶ岳の主峰赤岳から横岳、硫黄岳と周回するルートで計画。
 10/8、美濃戸口に車で到着したのは朝11時前・・美濃戸口の駐車場は予想以上に満杯・・・路駐も結構されている状況。
 駐車場の混雑は予想していたので、事前に調べておいた美濃戸のやまのこ村へ電話して、駐車場の空きを確認。運良く一台空いたとのことで、場所を確保していただいて、美濃戸口から悪路の林道を美濃戸のやまのこ村へ車をすすめました。・・・事前に調べていたものの予想以上に悪路の場所がありましたが、かなり慎重に車をすすめて、やまのこ村に到着。・・やれやれ(-_-;)。結果ここまで車で入れたため、林道歩き1時間を短縮できました(^o^)。
 美濃戸からは北沢ルートを利用して緩やかな傾斜の広い林道をひたすら歩いて行きます。途中の沢の横で昼食を摂り、赤岳鉱泉を目指しました。
序盤の林道 トリカブト多し 沢の流れ 車はここまで入れるみたいですね 沢 沢・・水は豊富なのです 整備されてますね 渡渉箇所はだいたいこのような橋があります 沢は赤い

赤岳鉱泉に到着・・・結構なテント数でしたが、下山するタイミングの方もいたので空きができて、テントスペースを確保できました。
赤岳鉱泉到着 前日から結構人が多いみたいです 赤岳鉱泉の小屋 テント場 テント場は樹林帯なので山はみえにくい
夜

翌日朝4時から行動開始・・・それほど寒くはなかったです。
暗闇を40分あるいて行者小屋に到着。こちらのほうがテントが多い感じ。
行者小屋に到着 行者小屋の方がテントが多いですね

文三郎尾根から赤岳山頂へ
文三郎尾根方面へ まだまだ暗い・・ 階段が出てきた 少し明けてきた 行者小屋が小さく見える 文三郎尾根分岐到着 雲海がいいですね すばらしい モルゲンロート 中岳の方かな ここを登っていきま-す 励ましの言葉ありがとう(^o^) ワクワクする登山道 山頂近辺から 赤岳山頂より 富士山みえます 雲海 富士山アップ 富士山と赤岳 赤岳頂上山荘は凄いところにあるな 赤岳山頂と赤岳頂上山荘の位置関係 赤岳頂上山荘は天空の宿 赤岳山頂より いいところです


ここから赤岳天望荘方面へ下る
ここを下ります。 下の方に赤岳天望荘が見えます。すばらしい稜線 ここまで下りてきた 赤岳天望荘です 赤岳天望荘も大きいな 赤岳天望荘より赤岳

赤岳天望荘からはアップダウンが続きます。
お地蔵さん横で 今度はここを登っていく ハシゴもありました この岩は巻いていく感じ まだ富士山みえます 危険箇所は整備されてます 歩いてきた道 三叉峰 硫黄岳方面かな

横岳山頂に到着。ここまでアップダウンが結構あったのでやっと着いたという感じ・・・横岳付近が一番危険地帯かな?整備されてるので無茶しなければ大丈夫ですけど。
ようやく横岳山頂 八ヶ岳版カニのヨコバイ 硫黄岳方面は遮るものがないな・・

硫黄岳山荘が見えます。絶妙な位置・・・しかしこのあたりは遮るものがないので、稜線は風が強いです。この硫黄岳山荘はなんと水洗トイレがあるとのこと・・・
硫黄岳山荘は絶妙な位置にあります。 硫黄岳山頂へはケルンが道案内 噴火口跡・・写真じゃ伝わらない・・・

硫黄岳山頂付近に到着。やはり風が強かった。
硫黄岳山頂より 硫黄岳山頂から北アルプス方面 歩いてきた稜線 赤岩の頭方面

赤岩の頭に到着
赤岩の頭 稜線をパノラマで 歩いてきた稜線・・素晴らしい

赤岩の頭付近からは赤岳鉱泉や行者小屋が見えました。もうここからは最後の下山です・・・
赤岳鉱泉が見える 行者小屋が見える 名残惜しい・・・

いやー最高の天気でしたね。南八ヶ岳連峰をこの最高の天気で歩けたのは収穫でした。この周回なかなか距離もあり起伏も有り、岩場もあったりなかなか楽しいです。その分結構ハードでもありますが、山を存分に楽しめるのが八ヶ岳なのですね。人気があるのがよくわかりました。また行きたいですね・・・

<歩いたルート>





↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2017.9.9~10 富士山に行ってきました。

9月8日に夜行バスで清水へ・・
ここから夜行バス

9月9日朝清水に到着。漁港の食堂で朝食。清水は駅から海が近いですね。
清水で朝食 清水駅方面 清水の港

清水から富士宮に電車で移動し、富士宮からバスで登山口である富士宮口五合目へ
富士宮に移動して富士宮口五合目方面のバスへ

富士宮口五合目着。ここですでに2400mなので長めに休憩してから登山開始。
富士宮口五合目 五合目ですでに2400m

六合目はすぐに着きますので、なんとなく安心しますが・・・
六合目は近いです

六合目以降は小屋が見えていても長い・・・なかなかたどり着けません。新7合目という微妙な名称のところを通過しますが、6合5勺の模様。
六合目以降は山小屋が見えてても遠い 新7合目ご来光山荘

今回は夕方の影富士が目的なので、日は沈んできますが、さらに登ります。
夕方の影富士を見るためにさらに登る 結構上の小屋まで見えますが遠い・・ 雲海キレイですがガス多い

8合目手前で影富士らしきものが見えました。・・・が結局綺麗な影富士は見られず・・・
8合目手前付近で影富士・・・ほとんど見えない。

8合目まで来て、さらに上に登ってビバークか、一旦下に下りてビバークかパーティで悩みますが、寒いので下りることに・・・
8合目

結局、新7合目まで下りてビバーク・・・かなり寒かったです。手元の温度計で夜は4℃。しかしビバークする人というか小屋前で座って待ち続ける人とか結構いました。・・・
一旦新7合目まで下山しビバーク

夜中11時過ぎから再登頂開始・・・しかし寒さのせいか体調を崩しました。結果高山病なのかなんなのかわかりませんが、頭痛と吐き気が・・・9合目まではなんとか頑張りましたが、腹痛と吐き気で山頂への登頂は断念、一人で先に下山することに・・・
9合目付近の鳥居 日の出 下山はきついです。

下山は予想以上に膝にきて過酷でした。体調は下るに連れ少しづつ回復しましたが、足は結構ガタガタでした。富士山は下りがキツイということを実感。
5合目に下山

 今回は弾丸でほとんど寝ずに登っているということ、10kgのリュックを背負っているということ、腹痛をおこして体調を崩したことが災いして、登頂断念でしたが、富士山登山の厳しさを知ることができて良かったです。富士山は3000m越えたあたり(8合目以降)が苦しいというのは実感しました。やっぱり空気が薄いです。途中で動けなくなって止まっている人も多く、過酷さを物語っていました。この険しい富士山には当日もご来光目的でかなりの方が深夜・早朝から登っていましたが、軽装の人もおり、危ない感じでした。次回は今回を教訓に荷物はなるべく軽く、朝から昼間に登ることと、十分な睡眠をとって登ることで登頂を果たしたいと思います。
山頂が見えていて登りきれなかったことは残念でしたが、色々体験できて楽しかったと思います。










↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
 お盆に奥穂高岳に登ってきました。雨に降られ、膝を痛め、苦痛の絶えない山歩きではありましたが、はじめての涸沢でのテント泊、奥穂高岳登頂をやりきって少し成長出来たかなと・・・涸沢の雰囲気や奥穂高岳の岩山の雰囲気は格別です。山屋が何度も行きたくなる理由がわかりますね。

<上高地バスターミナル>
上高地BT
 上高地から明神・徳澤・横尾とほぼ平坦な遊歩道を15kgのザックを担いで歩いて、約3時間で横尾付近。あと3時間近く山道を歩きます。

<上高地~横尾>
河童橋付近 小梨平キャンプ場 明神
徳澤園 横尾大橋
横尾で少し長めの休憩をした後、本格的な登山道へ向かいます。

<横尾~本谷橋~涸沢>
本谷橋付近 ガレ場 ミソサザイ
本谷橋からは本格的な登りの山歩きです。15kgのザックを背負ってこの登りはこたえます。途中で癒やしの小鳥ミソサザイに出会えました。

<涸沢テント場より>
テント場1
ここにテント設営しました。なかなか良い整地場所でした。

テントより
テントよりテント場を見上げる

涸沢ヒュッテ方面よりテント場
涸沢ヒュッテ近くよりテント場・・結構なテント数


<涸沢~奥穂高岳>
ここから奥穂高岳へ 雪渓 見晴台・・・
コオニユリかな 落石注意な所 岩岩を登っていきます。
ハシゴもあります 岩岩 もうすぐ穂高岳山荘
穂高岳山荘 ここから奥穂高岳へ 奥穂高岳への登山道はほぼ岩場
岩場好きには楽しい 山荘方面への道標 西穂高岳・穂高山荘・前穂岳沢方面の分岐点
奥穂高岳山頂が見えた 山頂 ジャンダルム方面
山頂付近 穂高山荘のテント場方面 イワヒバリ

行程序盤から雨・・・その後も奥穂高岳へ登るまで雨は止むどころか少し強いときも・・・本来はジャンダルムに行く予定でしたが、この雨と痛めた膝と時刻では行けるはずもなく予定から除外しました。痛い足を引きずりながらの山行でしたが、この奥穂高岳でも登頂できて良かったです。涸沢への帰りにイワヒバリがいました。8月にこの雪渓というシチュエーションはなかなか味わえない体験ですね。

次回は晴れた日に万全の体調で行けたらいいなと・・・・





↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2017/7/15,16 甲斐駒ケ岳に行ってきました。

南アルプスの貴公子と呼ばれる名峰・甲斐駒ケ岳。はじめての南アルプスです。
7月15日朝6時から車を飛ばして仙流荘の駐車場に到着したのが朝10時半頃、予測はしていましたが、11時10分には北沢峠行の臨時バスが出てくれたので早めに北沢峠へ到着できました。テント泊なので、長衛小屋のテント場まで10分ほど歩いてようやくテント場に到着。・・・3連休初日なので、結構なテント数で、良い場所が見つかりませんでしたが、まだ何とか張れるスペースが残っていました。

<テント場>
テント場

<長衛小屋>
長衛小屋

15日は1時間ほど栗沢山方面へ散策して、テントに戻りました。

7月16日早朝5時くらいから甲斐駒ケ岳を目指します。
序盤は緩やかな登山道です。
序盤の登山道
仙水小屋に到着。ここでもテント張れるのですね。今度はここにしようかな。
仙水小屋
しばらく樹林帯を少しづつ高度を上げながら進むと視界が開けてきます。
石楠花と岩と苔 甲斐駒っぽくなってきた 石楠花

仙水峠に到着
仙水峠
ここ仙水峠からは栗沢山方面と甲斐駒ケ岳方面の分岐があります。ちなみに宇多田ヒカルは栗沢山方面を歩いたそうです。
仙水峠から甲斐駒ケ岳方面は急な登りが始まる地点です。
序盤は樹林帯の急登
ここからは急登
樹林帯を抜けてくると景色が良くなり、アルプスの山々が見えてきます。

鳳凰三山・オベリスクが見えます
鳳凰三山・オベリスクも見える

富士山も見えてきました。(ズーム撮影してます)
富士山も見えてきた

国内2位の標高を誇る南アルプスの主峰北岳と国内3位の間ノ岳も見えます。
北岳・間ノ岳も見える

高度があがるにつれ景色が良くなります。・・・写真じゃ伝わらないのですよね・・・気になる方は実際に登ってください。
遠くに富士山と雲海

帰りはあちら方面の稜線より下りる

駒津峰に到着
駒津峰

ここからの直登ルートは本格的な岩場の登りになります。一番楽しいかも知れません。
駒津峰から甲斐駒 鋸岳 いい山ですね 直登ルートでようやく八合目 岩登りは楽しい山頂方面 もう少しで山頂かな? 登ってきた稜線 直登ではない一般道が見える もう少しで山頂か

甲斐駒ケ岳山頂到着
甲斐駒ケ岳山頂到着 祠が有ります 少しガスって来ましたが最高の景色 八ヶ岳も見える この日山頂は人が多かったです

帰りは一般道にて駒津峰へ
下山は一般ルートより駒津峰を目指す

登りで撮影していなかった直登と一般ルートの分岐点・・・気づかずに直登に登られる方もチラホラ
ここが直登と一般道の分岐点

六方石
六方石

双児山方面から下山しました。
双児山方面から下りました。 双児山以降は樹林帯の退屈な下りでした。

はじめて甲斐駒ケ岳行きましたが、やはり名峰ですね。また行きたくなる魅力的な山でした。

<歩いたルート>
↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

雪の御在所岳(裏道) Feb 12, 2018
堂満岳(↑堂満東稜道↓青ガレ) Jan 21, 2018
三峰山 霧氷祭り Jan 14, 2018
2018年 初日の出 Jan 04, 2018
2017年登り納め(高御位山) Dec 30, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

このブログをリンクに追加する

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入