登山・山歩き・ハイキングのススメ - For your best hike from Japan.-

ハイキングや山歩きの記録や道具などを紹介するブログです。

女人大峰稲村ヶ岳・大日山へ一泊二日テント泊で行ってきました。

 大峰山は古くからの修験の山で、今でも山上ヶ岳は女人禁制です。今回は女1男2の三名での山行なので、女人大峯の稲村ヶ岳・大日山を選択。初日は、テント泊装備12kgくらいを担いで、観音峰登山口から観音峯山経由で、約5時間歩いて稲村小屋まで・・・結構疲れました(-_-;)
翌朝体力も回復し、大日山・稲村ヶ岳へ・・・近いものですね。稲村ヶ岳はあっけなく登頂できます。大日山はスルーされる方もいますが、はじめてなら登っておいた方が良いでしょうね。今回は宝剣探しもしてきました。間違ったルートで藪漕ぎでたどり着きましたが、よく見ると簡単なルートがありました・・・(-_-;)
 すべての行程を終え、稲村小屋に帰還し、テントを撤収して洞川へ下山。ゆっくり温泉に浸かって帰りました。

<ルート>


<5/27>
ここから登ります。 地図 DSC00554.jpg
DSC00555.jpg DSC00562.jpg 観音峰山
法力峠 DSC00575.jpg DSC00576.jpg
パオーン杉 DSC00580.jpg DSC00581.jpg
稲村小屋付近到着 テント張ります 稲村小屋
サンセット

<5/28>
そびえ立つ大日ゴリラ 石楠花
DSC00604.jpg オオミネコザクラ? 行者の方かな
稲村ヶ岳山頂には立派な展望台が 山頂より 次は大日山へ
階段 稲村ヶ岳方面
険しい所ですが、階段などが整備されてます。 大日山山頂 大日山より稲村ヶ岳
宝剣も確認してきました。 また来るよ・・稲村小屋 法力峠
DSC00652.jpg 鍾乳洞・・有料なので入らず ここに下山
↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
大普賢岳周回ルートに挑戦してきました。
前日テント泊で、和佐又キャンプ場入りして、翌朝4:00起きで朝食・テント撤収を済ませたら、6:00になってしまい、6:00過ぎにいざ出陣!

<前日のテント泊風景>
前日はスキヤキで腹ごしらえ、夜は暇つぶしにライトとカメラで遊ぶ・・・
夕飯・スキヤキ 光で遊ぶ1 光で遊ぶ2 前日夜 寝静まる・・

<大普賢周回に望む>
朝6:00過ぎに出発。予定では約8時間で周回(休憩入れて9時間予定)。
テント撤収・・
テント撤収完了


ここから登山道
ここから登山道


大普賢岳までは至って順調。特に困難と思われるところはなし。少しだけ岩場や崩壊している箇所はありました。
和佐又のコルに到着 窟シリーズが続く オーバーハングした岩 石ノ鼻 石ノ鼻の石の上は景色が良い 日本岳のコル写真はなし、小普賢のコル・・・ 空中の廊下・・ 大普賢岳山頂より 大普賢岳山頂

大普賢岳を後にして、七曜岳を目指す。ここから、無双洞までは下り中心のアップダウン。特に下りがきつめで、落石必死なところが多く慎重に歩く必要があります。
大普賢岳を後にする 展望の良い水太覗き 国見岳の下・・山頂には行かない 危ないトラバース テント泊適地の稚児泊 稚児泊からまた登り 普賢シリーズ 残雪と日本庭園的な風景 七つ池にも残雪 こんなハシゴも 七曜岳 ここでも普賢シリーズ 奥駈道との分岐 でかい岩 七曜岳・無双洞の道標 いくつかあります。

七曜岳からの激下りを経て、無双洞への激下りが始まる。このあたり落石必死なので前方の登山者などにかなり気を使う。何度か「ラーク」と叫ぶシーン有。
ここから無双洞へ激下る 無双洞付近は圧巻の風景です。写真じゃ伝わらない。 この穴が無双洞かな?

無双洞からは激登りが始まる。赤ペンキの矢印に従って岩場を登る。最後の方に5,60m程度の急登(見た目垂直)があります。
山好き、岩場好きならこの直登ルートが見えた時点でワクワク。・・・ここが一番楽しいところですが、写真では上手く伝わらない・・・
激下った後は激登る 親切にこんなものもあります。 激登ると底無井戸・・どこが井戸なのか確認もせず・・・ 登って来たところを写す・・・下が見えない

激登りが終わると、緩やかで退屈なトラバースが長く続く・・・最後は登らなくても良い和佐又山にも登って、下山。休憩を含めて合計8時間58分でした。いやー楽しいルートです。でもソロでは危なくて行きにくいところではあります。
バイケイソウがたくさんありました。 やっとここまで後1時間・・ ついでに和佐又山にも登る・・

<歩いたルート>


↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2017/1/29 霧氷バスで高見山

 霧氷を見に霧氷バスで高見山に行きました。
 先週までの寒さが一段落して、今週末は暖かくて残念ながら霧氷皆無の高見山山行になってしまいました・・・
 それでも、雪はまだまだ残っていて雪山歩きが楽しめました(^o^)
 しかしながらこの時期の高見山は大人気ですね・・・かなりたくさんの方が登られていました。霧氷はなかったですが天気は良くて景色は良かったです。

<歩いたコース>

距離は10km程度ですが、軽アイゼンつけて歩いているため少々時間はかかっています。雪のある道を下るのはさくさく歩けて楽しいです。

<写真>
山頂付近 山頂付近から 霧氷はありません 良い景色です 大峯の山々が見える
↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
2016.7.16 大普賢岳

 予定していた和佐又キャンプ場のテント泊がなくなったので、日帰りで大普賢岳山行に行ってきました。天気が微妙でどうかなーと思いながらも決行。
 和佐又キャンプ場までは車で行きましたが、大阪からだと近畿道等の高速をつかえば3時間かからなくて行けますね。予定より早く到着できて良かったです。
 大普賢岳山行の序盤はやっぱり霧が立ち込めて厳かな雰囲気の中ビビりながら歩いてました。笙の窟あたりから岩の道が増えてきて、登れない岩場には鉄梯子がかけられており、一般登山者でも登れる様にしてあります。今日は、雨上がりで霧だったので、岩は滑るし、階段も滑るし、丁寧に1歩1歩歩かないと危ない感じもしました。山頂はそれほどスペースはありませんが、晴れていると良い景色なのだろうなという感じです。今日も少しだけ晴れ間を見せてくれましたが、霧の方が優勢でイマイチでした。
ビビりや滑り注意などで気疲れしましたが、大峰修験の山が体験できたので良かったです。
和佐又キャンプ場から登ります。 笙の窟を見上げる。 笙の窟 鉄梯子 大普賢岳山頂 山頂からの景色
 
<歩いたルート>
・・・下山の岩本新道?ルートは一部ルートロスで登山道ではない道を歩いていますので注意。



↓クリックのご協力ありがとうございます。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

↓クリックのご協力ありがとうございます。

トレッキング ブログランキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村

芦屋地獄谷・A懸垂岩・B懸垂岩跡・ピラーロック・万物相・横池 Jun 04, 2017
稲村ヶ岳・大日山テント泊 Jun 04, 2017
大普賢岳周回 May 08, 2017
西谷の森公園~丸山湿原 Apr 22, 2017
龍門山 Apr 22, 2017

FreedomJapanese

Author:FreedomJapanese


ご訪問ありがとうございます。
山歩き・ハイキングの記録と紹介をぼちぼちやってます。関西で日帰りで行ける比較的初心者向けの山を中心にぼちぼち登っていこうかと思っております。山以外のハイキングネタもたまに書きます。

にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

HP「山歩き・ハイキングのススメ」もよろしく。






05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入 DLmarketで購入